brainlab
brainlab

お知らせ

ブレイン・ラボがHEROZと業務提携、「brain insight matching」を開発決定/膨大な「成約情報」から求職者と求人情報を人工知能(AI)でマッチングする機能を開発

サービス

各位

2016年12月20日
株式会社ブレイン・ラボ

人材紹介会社向け基幹システム「CareerPlus2(以下CP2)」で業界売上NO.1の株式会社ブレイン・ラボ (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:翠 勇樹、以下ブレイン・ラボ)は、史上初めて現役将棋プロ棋士に 勝利した将棋人工知能(AI)を初め、 AI技術などを活用したサービスの企画・開発・運営を行うHEROZ株式 会社(本社:東京都港区、代表取締役:林 隆弘、以下HEROZ)と業務提携契約を2016年12月20日(火)、 締結し、人材紹介会社向け基幹システムとして、 AIを活用した求職者と求人情報をマッチングする機能 「brain insight matching」を共同開発いたします。 本機能開発は、CP2を進化させ、さらなる人材紹介会社の事業成功支援を進め、より一層、質の高い「求職 者と求人の出会い」を最大化させる「CareerPlus2 Advance構想」の第一弾として実施するもので、2017年 春に実際の運用を開始する予定です。これにより、各人材紹介会社が持つ膨大な成約情報をもとに、先入観に とらわれずに、求職者に対してより採用可能性の高い求人情報を効率良く紹介することができます。


【提携の経緯】

1)求職者、求人企業の出会いの質と量の向上

各人材紹介会社では、求人企業・求職者ごとに膨大な案件情報を、双方希望する条件等で絞り込みを行いマッチングを行うのが一般的です。その結果、紹介担当者の経験やスキル、価値観等に左右され、紹介する案件情報が偏ったり、求職者自身による表面的な希望条件の絞込みで、気付かぬうちに最適な求人情報を見逃してしまったりすることも少なくありません。
本サービスを利用することにより、求職者は「 AIによるレコメンド」を知ることで先入観にとらわれずに採用可能性の高い企業を見つけることができ、人材紹介会社はより求職者、求人企業と向き合うことや戦略立案などに時間を費やし、より業務の生産性を高めていくことが可能です。尚、 AIを採用に活かした取り組みはこれまでにも存在しますが、人材紹介会社向けの基幹システムに導入し、人とAIの適切な役割を探っていく今回のような挑戦は革命的なものです。

2)業界売上NO.1だからこそできること

ブレイン・ラボは人材紹介会社向け基幹システムで業界売上NO.1という実績を持ち、特に大手・中堅企業向けの取引が多く、1社あたりのデータ保有数が多いことが特徴です。 AIによる機会学習の精度は検証できるデータの量に比例するため、より最良のマッチング機能を提供していくことができます。
また、実際に採用されたかどうかという「成約情報」をもとにするため、一般的な求人応募情報の分析とは異なり、求職者及び求人企業にとってより本質的に価値のあるマッチングが実現されます。

【今後の展開】

4)プロ棋士を破った将棋人工知能技術を「人材紹介」で応用

ブレイン・ラボは人材紹介会社向け基幹システムとしてCP2を提供し続け、業界売上NO.1のご支持をいただけるまで成長いたしました。こうした成長を実現できたのも、以下の3点をご評価いただいたことが大きいと考えております。

①人材紹介ビジネスに特化しており、必要な機能を標準搭載して業務効率を飛躍的に高めることができること
②部門・個人KPIや事業進捗を「見える化」。経営層の事業戦略における意思決定をリアルタイムでご支援できること
③大手から成長著しいベンチャー企業まで豊富な取引実績があり、事業課題・フェーズに合ったノウハウ・カスタマイズのご提案ができること

今後、さらに「CareerPlus2 Advance構想」を掲げ、人材紹介会社の事業成功支援を推進し、今回の「brain insight matching」のような先進的なサイエンスとテクノロジーを駆使して、未来の「はたらく」のあり方をより豊かなものにするために尽力してまいります。

【株式会社ブレイン・ラボ 概要】


[社名]
株式会社ブレイン・ラボ(Brain Lab,Inc.)
[本社所在地]
東京都港区虎ノ門3-4-8
[設立年月日]
2002 (平成14)年11月
[代表者]
代表取締役社長 翠 勇樹
[事業内容]
人材業界向けシステムの提供/メディアの企画・開発・運営
[URL]
https://www.brainlab.co.jp/